2015年08月20日

lecca/live again

薦められた訳じゃなんだ。
だけど、ソイツのお気に入りの歌い手さんだったから。
片っ端から、聞き始めてんだ。
で、引っかかった、2曲目なんだ。
でも耳だけでは、わからなかった。
これって全部、日本語だった。

「誰かと寄り添うことを夢みても
 それすら心が おじけづいてる」

まさにそれ、を言われてる。
自分が穢れてる、そう思ってる。
そこに誰かを巻き込んでしまうことを拒んでる。

アイツにとっても、そうなんだろうか?
決して褒められる生き方じゃなかった。
でも、自分として生きてきた過去を否定してなかった。
そしてもっと上に向かってた。

オイラは遥かにたやすい人生送って
だからこそ報われなかったとして
それでもアイツを見守って
そう、心のxxxとして



韻をを意識して、書いてみました。
posted by mokiwo at 22:01| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック